ゴールデンウィーク前後の夕日

興味無い人はどうでも良いことでしょうが、ここ(事務所)から観る夕日とそれが大分川に映える景色に私はいつも癒やされています。4月30日には鶴見岳の頂部だったのが、5月6日たったの1週間で鶴見と高崎山の間に沈んでいきました。地球が365日かけて太陽の周りを1回転(360度)するわけだから、1週間で太陽から見て約7度動いたのかな?なんて、つまらないことを考えたりしています。小学校の頃、兄のデンプンの研究に感化され、夏休みの研究で、錆の研究やら雲の研究やらで賞を頂き学校代表でデパートに発表された事が有ります。その頃から物や風景に何気ない興味と観察?と言うより、ただ独自に思いふける事が好きなのかも知れません。新しい自分なりの発見が有ると心なし嬉しくなったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です